社会の窓際から

暇を謳歌したい。

スマホは楽天にした。

無職生活をセミリタイアし、労働生活に移行したわけなのだけれど、それに伴いおよそ二年ぶりに収入を得た。

 

はて、この安月給をどう使っていこうかしらん、と考えてみたのだけれど、

これだ!というような魂を揺さぶられるようなお金の使い道は今は思い浮かばないが、

とりえず日々の生活費はなるべく抑えていこうと思う。

 

無収入から定期収入のある生活が始まったわけなのだけれど、

僕としては収入の上昇に伴って生活水準を上げていきたいという野心はさらさらない。

 

僕にはミニマニストという高尚な自意識のようなものはないが、

何らかの因果によってカバン一つで長期間ゴミクズのように方々を転々とする機会が多かったためか、色々と余計なものが削げ落ちていき、

その結果、所有物が少なくても何の抵抗もない因果に落ち着いちまった。

 

そのため、高収入を前提とする生活水準の高い生活を送れずとも、精神的に一切のダメージを受けないので、たとえ安月給でも物質的には満足した暮らしを送ることができる。

 

これからの暮らしを組み立てていくに当たって、

まずはまぁ固定費について色々と検討せんといかんでやんすなー、

というわけで色々と調べていくと、

この諸行無常の世の中には「楽天経済圏」なるものが存在するらしく、

何かと色々とお得らしいので、まぁその方向でいきましょかー、という結論に達し、

その第一弾として僕は楽天モバイルとの契約を結んだのであーる。

 

楽天モバイルの詳細は孤高のアフィリエイターたちが血眼で拵えたブローグを参照してもらうことにして、

愚鈍で頓馬な凡夫なりの個人的な感想を言わせてもらうと、

 

全然これでオーケー、オーライ。

 

これに尽きる。

 

今よりも脳髄ががらんどうだった学生時代の僕は

当たり前のようにauの奴隷としてなけなしのバイト代をグングンと吸い取られていた。

 

己の浅薄さ故にネット中毒に侵され、

スマホがなければどうにもならないというマインドコントロールに毒され、

ましてや当時は格安スマホなるものが存在せず、現三大キャリアの競争はファッションに留まり、縛り契約が当たり前の時代で、

そもそも外でのネットにそれほどのお金を払う価値があるのかしらん、と考えることもせず、

この月々の料金は適正であーる、これが当たり前であーる、としたり顔で恥ずかしげもなくエアマックスを履いて往来を闊歩していた。

 

そうして何らかの因果によりスマホをうち捨て、電話とメールだけのプリペイド携帯に切り替えた。

 

それからまぁ紆余曲折あって、

ネットともうまく付き合えるようになったし、

新天地でネットないと色々不便だろうし、

スマホの通信料とプリペイド携帯の月額とあんま変わんねーし、

っつーことで、今回の契約を結ぶに至ったわけです。

 

 

以上です。

 

P.S.

もう春ですね。