社会の窓際から

暇を謳歌したい。

どうでもいいからARISE

f:id:makiri1002:20190211003951j:plain

 

昼前にコーヒーを飲んでぼーっとして納豆食って掃除をして市民プールへゴー。

 

久々に泳いできた。気持ち良かった。

 

プールには塩素だけではなく人間の汗、涙、唾液、垢、歯垢、尿、膿、血液、精液、経血、髪毛、陰毛、眉毛、鼻毛、耳毛、眉毛、睫毛、腕毛、足毛、腋毛、目糞、耳糞、鼻糞、糞、チンカス、マンカス等々が含まれている可能性が否定できないため、泳いだ後はちゃんとシャワーを浴びよう。シャンプーも忘れないようにしよう。シャンプーは度重なる過酷な動物実験の末に開発されたであろうパンテーンがおすすめでやんす。

 

シャワーを浴びた後はサウナでぼさっとして、帰りにツタヤで『攻殻機動隊ARISE』と『攻殻機動隊 新劇場版』を一丁拝借。

 

日本に帰ってきてからは病床の祖母の世話で満身創痍、祖母が亡くなった後は喪失感に打ちのめされ、大好きな『攻殻機動隊』の存在ががらんどうの脳髄からすっぽ抜けていて、昨夜電子空間を漂流中に偶然『攻殻機動隊』のコミックの写真が目に飛び込んでこなければ、諸行無常が支配するこの世界で明日死ぬかもしれないというのに、大好きなものを満喫することなく死に絶えるところだった。危ないところだった。まじでセーフ。

 

帰宅すると妹夫婦が遊びに来ていて、飯は鍋。

 

廉価の野菜・キノコ・豆腐の切れ端と家畜の死肉を添加物満載の豆乳スープにぶち込み、ガス火をぶっぱなして煮えたぎらせるだけの代物なのだけれど、美味かったのでオッケー。

 

みたいな話はどうでもいいとして、本日のどの時点かは覚えていないのだけれど、どっかの誰かが「一世帯の消費額が5年連続で下がっている」みたいな感じのニュアンス的なことを電子空間内で喧伝していたのだけれど、拝金主義に基づく経済成長至上主義を掲げるこの社会においては、盲目的にGDPを崇め、何事も金銭に置き換えなければその価値を捉えることができない人間もどきでごった返しているため「消費額が下がる=充実度が下がる」と解釈されるのが一般的で、「消費額が下がる=きゃつは何が無駄で何が大切かを見極められるようになってきていて、少ない消費で必要なものや欲しいものを手に入れる術を獲得し、お得感で充実度が上がる」という見方はしようとしない。

 

みたいな話はどうでもいいとして、明日は多分死なないので、これから寝て、明日の『攻殻機動隊ARISE』鑑賞に備えようと思う。

 

P.S.

今日買ったもの。