社会の窓際から

暇を謳歌したい。

11月の本。

f:id:makiri1002:20181129233506j:plain

 

最近小説を読まなくなってきている。

 

小池 真理子,村上 龍
 
國分 功一郎
 
『暇と退屈の倫理学』は個人的に無茶苦茶面白かったので、もう一度読み直したい。
ここのブログ内でも自分なりに暇や退屈について考えてきたのだけれど、自分の代わりにことごとく隅々まで深く考え抜いてくれた感があって心地がよかった。そして己の思考の浅さを突き付けられて反省した。
 
 村上龍の本はコンプリートしたい。
 
P.S.
本の中で面白そうな本を見つけた時、ささやかな幸福感を覚える。