社会の窓際から

暇を謳歌したい。

NHKに痺れた。

 YouTubeに青髪ピピピfeat.黒髪ピピピさんという方がいて、おれはささやかながらに応援しているのだけれど、その方が『NHKにようこそ!』というアニメを勧めるものだから素直に見てみると、とてつもなく良かった。アニメを夢中になってみたのは何年ぶりかしらん、という感傷はどうでもいいとして、とにもかくにも好きなアニメの一つになった。今ならYouTubeでも見られるので、暇を持て余しているようであれば、読者の皆様にも是非見て欲しいと思う。

 

 人間というのは好きになると歯止めが利かなくなるもので、無職で暇を持て余しているおれも人間であることに便乗して漫画を注文することにした。昨日の夜に届いて、今朝読み終えた。漫画は漫画で面白かったが、個人的にはアニメの方が好きだという結論に達したので、これ以上の深掘りはやめることにしてアニメだけで足るを知ることにした。

 

 アニメであろうと、漫画であろうと、映画であろうと、ゲームであろうと、小説であろうと、ドラマであろうと、ラジオであろうと何でもいいが、自分がのめり込んでいるコンテンツが終わった時に胸中にじんわりと湧き起ってくるあの何とも言えない侘しさ、虚しさ、寂しさ、みたいな感じのニュアンス的なものって何なのかしらん。

 

 あれってまじで何なのかしらん、と考えていくと、コンテンツの密度の濃さと現実の茫漠さ、そのギャップがガツンと来るのではないかしらん。コンテンツは密度の高いドラマチックな形でスパッと終わる、はい終わりっ、ここまでっ、となる一方で、自分が身を置く現実は淡々漠々と続いていくといういかんともしがたいガチの現実。この衝撃に耐えきれない人間はアニメ中毒になり、漫画中毒になり、映画中毒になり、ゲーム中毒になり、小説中毒になり、ドラマ中毒になり、ラジオ中毒になり、ずぶずぶのサブカル界の重鎮になっていくのである、というのもいいが、ここは踏ん張って空漠とした現実と相対してみる、と意気込んで頑張ってみたものの、ものの数分できつくなってきたのでペン習字に逃げることにした。

 

P.S.

今日の一曲