社会の窓際から

暇を謳歌したい。

今後の広告掲載に関する言い訳

 

f:id:makiri1002:20180929154528j:plain

 

 先日、この底辺ブログをアマゾンアソシエイトに申請したところ、なぜか審査に通った。

 

 暇を持て余し、膨大なネットの海を惰性で漂流していると、アマゾンの審査は結構厳しいさかい、おいどんは何度も落ちたさかい、という意見が散見されるが、この底辺ブログが通ったのだから、その他の皆さんも通ると思うので、たとえ何らかの理由で落ちたとしても、沈鬱することなく、いつかは何とかなるなる鳴門海峡という志で気楽にやっていけばいいと思います。

 

 このブログは、審査を通過した時点で、ブログ日数が17日、記事数が11記事、1日の平均アクセスが15というまさに底辺ブログで、現にA8ネット経由でのアマゾンアソシエイト審査は落ちている。

 

 しかし、よくわからないのは、A8ネット経由で申請した際は、申請から合否通知まで1日かかり、結果不合格だったのだけれど、無知なおれはその不合格通知受け取ると間髪を入れることなくアマゾンに直談判、つまりアマゾンに直接審査を申し込み、その3時間後に審査通過の通知が来た。

 

 申請を二回行い、一回目と二回目でブログ自体は一切変化しておらず、ド底辺のままだ。何がどうなっているのか、詳しくはよくわからないが、諸行無常のおかげで、ブログ以外の何かが変化し、吉報をもたらしてくれたということだろう。無知な凡夫である僕らは、諸行無常と聞くと虚しく寂しいイメージを持ってしまうが、そう感じるのは僕らが無知な凡夫だからで、そもそも諸行無常自体に良いも悪いもなく、ということは諸行無常のおかげで何とかなることもある、ということも忘れてはいけない。

 

 と、話が逸れてしまったが、アマゾンアソシエイトの審査に通ったことにより、「このブログはamazon.co.jpを宣伝しリンクすることによってサイトが紹介料を獲得できる手段を提供することを目的に設定されたアフィリエイト宣伝プログラムである、Amazonアソシエイト・プログラムの参加者です」ということになったわけで、となると、拝金主義に基づく経済成長至上主義を掲げる者であるならば、そこここにばんばんばんばんばんばんとアマゾン広告を張りまくり、美辞麗句を並べ立てて無用なものを有用なものであるかのように見せかけ、桃源郷ばりの理想像を喚起させて不要なものを必需品に見せかけ、読者を眩惑し、大切な金銭を浪費させ、経済的窮乏へと追い込み、奴隷労働をせざるを得ない状況へと陥らせ、現代の悪癖である奴隷労働と気晴らしの無限ループ、煩悩の輪廻、消費主義の牢獄へと誘い込み、ぼろ儲けした挙句、そうして儲けた金額をこれ見よがしに自慢し、意気揚々と自称コンサル業へと転向し、時間を切り売りしてあくせく働く貧民を見下しながら日々を送るということに充実感を覚えるかもしれないが、仮に僕が何らかのアマゾン広告を張り付けたとしても、そのような意図は一切ないということを予め理解して頂き、今後とも暇潰し感覚でこのブログを呆然と眺めてもらえたら幸いである。

 

 というような書くと、じゃあ何でアマゾンアソシエイトに申請したんじゃ、バーロー、とコナン風の罵声が飛んで来るかもしれないが、その理由は至ってシンプルで、労働教徒になりたくないからだ。

 

 僕は今後、遅かれ早かれ奴隷階級として雇われ労働者の道を歩み始めることになる。

 

 別に、雇われ労働自体は何も悪いことではないし、この社会において重要な役割を果たしていることは間違いなく、否定するつもりも一切ないが、怖いのは、雇われの長時間労働一辺倒の人間になってしまうと、自らを肯定するために長時間労働に従事していない人間を見下すようになり、彼らを人として見なさないようになり、無業者に労働を強制させることこそがこの世の正義であると信じ込んでしまい、知らず知らずの内に盲目的な労働教徒に成り果てかねない。

 

 労働至上主義をドグマとするカルト教団労働教の世界観は、この世の閉塞感を増長させ、絶望を生み、精神錯乱者を生み、自殺者を生み、精神医療業界に景気をもたらし、医薬業界に景気をもたらし、葬儀業界に景気をもたらし、保険業界に景気をもたらし、GDPは上がり、株価は上がり、ってことは、まじで万事オーケー、ってことは経済大国やん、としてしまうような狂気の国を作りかねない。

 

 労働に従事することはいいとしても、労働教徒になることだけは、何としても 避けなければならない。

 

 アマゾン広告で食っていくつもりは一切ないが、一円でもいいから、人に雇われず、何らかの形で金を得る経験ができれば、物事の見方が変わり、労働教の雇われ労働至上主義から距離を置くことができるようになり、そのカルト的なドグマに飲み込まれる可能性を低減させることができるのではないかと思う。

 

 ってことで、アマゾンアソシエイトをやっていない人は是非。

 夢見ることなく惰性でやるのがおすすめです。

  

P.S.

おれは絶対に営業に向いてないな。