社会の窓際から

暇を謳歌したい。

暇人と本

12月の本。

11月末に祖母が亡くなり、そこから一気に読書量が減退した。 コンセント (幻冬舎文庫) 田口 ランディ “快楽消費”する社会―消費者が求めているものはなにか (中公新書) 堀内 圭子 里山資本主義 日本経済は「安心の原理」で動く (角川oneテーマ21) 藻谷 浩介…

11月の本。

最近小説を読まなくなってきている。 美しい時間 (文春文庫) 小池 真理子,村上 龍 老子 (講談社学術文庫) 金谷 治 ラッセル幸福論 (岩波文庫) B. ラッセル,安藤 貞雄 逃げる中高年、欲望のない若者たち (幻冬舎文庫) 村上 龍 村上龍対談集 存在の耐えがたき…

10月の本。

十月に読み終えた本。 これから毎月末には読んだ本を晒していきたいと思う。 思考が止まり、奴隷になりがちな僕らには乱読が必要だ。 ブッダの真理のことば・感興のことば (岩波文庫) 中村 元 フィジカル・インテンシティ―日本サッカーが初めて世界に曝され…