社会の窓際から

暇を謳歌したい。

2018-09-27から1日間の記事一覧

朝のルーティーン

無職で暇を持て余しているおれは基本的に朝8時に起床する。 一昨年一年間、旅の資金を貯めるために、とある大手自動車工場で長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドに堕していた際は、二交代制勤務が課されており、ある週は午前4時半に起床し、翌週は午後1…

奴隷職活動

無職で暇を持て余しているため、暇を謳歌したいと常々思ってはいるが、膨大な時間を退屈することなく過ごすには限界がある。 作家の中島らもは、「教養とは一人で時間を潰すことができる能力のことだ」みたいなことを言っており、ここでの「潰す」は「自分な…