社会の窓際から

暇を謳歌したい。

クールビズをインストールしました。

f:id:makiri1002:20190601160249j:plain

世間を舐め腐り、就職活動もろくにしないまま大学を卒業し、その後の短くはない年月をふらふらぶらぶらぷらぷらと過ごし、今年の春から長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドとして日々を過ごしているのだけれど、世間知らずの僕は文字通り知らなかったのだけれど、どうやらスーツを着るタイプの長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドの世界には「クールビズ」なるものがあるらしいんですよ。まじで。

 

クールビズというのは長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドがオーバーヒートしないようにするためのアプリケーションで、僕は今月始めにそれをインストールされた。

 

自由を謳歌する賢明な人間であれば、雨の日に傘を差すように、暑い日にはTシャツ・短パン・サンダル姿で悠々自適にざるそばでも食べて過ごすのだろうけれど、奴隷アンドロイドとなるとそうはいかない。

 

長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドというのは愚鈍な人間のステータスシンボルであるアイフォーンと同様に何らかのアプリケーションをインストールしてやらなければ中身がすっからかんの人形と大差がなく、外部からの指示がなければどうにも動くことができない宿命にあり、己の感覚も悉く他人任せな存在である。

 

よって諸行無常が支配する多様なこの広い世界にはクールビズがインストールされていない長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドもいて、彼らは灼熱の真夏日にも拘わらず、長袖シャツを着、首回りにネクタイをグルグルに這わせ、背広をがっつりとまとうことになる。

 

まぁ、所詮は思考の止まった無感覚な奴隷アンドロイドなので本人は何とも思っていないだろうから心配は無用である。

 

しかーし、少しでも人間としてのゴーストを宿している者からすると、その姿は暑苦しい以外何ものでもなく、せっかくの冷涼感溢れるざるそばも台無しである。

 

幸いにも僕はクールビズをインストールされたので、良かったなー、これでざるそばを嗜んでいる高貴な有閑階級の方々への迷惑を低減できるなー、と思ったのも束の間、んじゃあクールビズって具体的にどういう格好をすればいいのかしらん、ヘインズのTシャツにグラミチの短パン、そして沖縄人の必需品である島サンダル姿というクールでビズみたいな感じのニュアンス的なスタイルで出社してもいいのかしらん、と疑問に思ったのでその答えを求めて電子空間をしばらく漂流してみた。自称ファッション評論家みたいな感じのニュアンス的な肩書の人間の意見を幾つか参照してみた。

 

結論から言うと、クールビズがインストールされている長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドとはいえ、Tシャツ・短パン・サンダル姿で出社することはできないらしいのである。

 

クールビズというのは、「暑いだろうから背広着ぃ―ひんくてもかめへんで、ネクタイ巻かへんでもかめへんで」、たったその程度のことらしく、革靴に長ズボンは必須であり、シャツに関しても、我らが自称先進国日本の宗主国であるアメリカ合衆国の元宗主国であったイギリス、すなわちスーツの源流の地イギリスにおいては半袖シャツなるものは論外でー、ってな具合で、欧米コンプレックス丸出しの理由で長袖シャツが原則らしく、暑いんならさー、袖まくれや、その方がなんか女子ウケ良いらしいよ、ってな具合で、機能性よりもファッション性を優先させるという中二病のような有様で、暑さ対策として絶望的なアプリケーションであることが判明した。

 

僕は、こんなんやってられへんど、と思った。

せめて半袖シャツくらい着させてくれや、と思った。

巷を練り歩く自称ファッショニスタが半袖シャツを着ている僕を見て、胸中で「ははーん、あの凡夫、クールビズ=半袖シャツと思ってやがるな、下郎が。そもそもシャツというのはスーツに対して下着という扱い。その下着をば前面に押し出し、ましてやシャツというのはそもそも長袖が基本中の基本のキ印で、それこそがまさにフォーマルの証。半袖シャツというのはむさ苦しい日本で考案された謂わば本流に対する亜種であり外道であり邪道でありバーロー。あー胸糞悪っ」と思ったとしても一向にかめへんと思った。シカッティングである。

 

ってなわけで、暑気の迫る某日、公用外出というパシリ用務を承った際に暇を持て余したので、スーツセレクトに立ち寄り、半袖シャツを5着調達するに至りました。

 

夏日にTシャツ・短パン・サンダル姿になれない己の不自由を呪いつつも、半袖シャツを着ている長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドたちを反自称ファッショニスタ運動の同志としてみなし、今年の夏を淡々と乗り切っていきたい。

 

P.S.

ピピピさん大丈夫かしらん。

働き始めて変わったこと

僕はこの春から長時間労働特化型納税奴隷アンドロイドとなり、労働日とのコントラストをもって休日というものを手入れるに至ったのだけれど、休日の過ごし方は無職時代の日々と大差がない。

 

 朝8時過ぎに起床する。

 

コーヒーを飲みながらぼさっとする。

 

布団を干したり洗濯や掃除をしたりする。

 

トーストを食って、コーヒーを飲みながらぼさっとする。

 

本を読んで、昼寝をする。

 

靴を磨く。

 

本を読む。

 

遅めの昼飯を食べる。

 

洗濯物を取り込み、ジョギングをする。

 

帰宅して、電子空間を徘徊する。

 

夕飯の食材を買いに行く。

 

炊事をして、夕食をとる。

 

本を読む。

 

シャワーを浴びる。

 

本を読む。

 

電子空間を漂う。

 

就寝。

 

労働生活に伴い、収入を得ることができるようになったのだけれど、どうやら僕の場合は収入があろうとなかろうと、基本的に自由時間は上記のような過ごし方になるようだ。

 

とは言っても多少の変化はあって、それは何かというと新品の本を気兼ねなく買うことができるようになったことでげす。

 

諸行無常が支配するこの世を生きる我々は、諸行無常であるが故に必ず死に絶え、また諸行無常であるが故にいつ死に絶えるかがガチのムチでわからないという混沌の只中にいるのだけれど、そんな中で何の因果かわからないが僕は読書が好きになったのだから、良質な本から優先的に読んでいこうよ、いつ死ぬかわからないのだから王様のブランチが紹介するようなゴミのような本なんて読んでいる暇なんてないよ、そうだよ、そうだよ、というわけで、良質な本って何なのかしらん、と考えていくと、それは間違いなく時の試練に耐えて耐えて耐え抜いてきた古典作品群なのだけれど、この世は実にあべこべで、良質な古典作品ほどブックオフなんかで叩き売られている。

 

王様のブランチが空っぽの新作品群に群衆の耳目を引きつけてくれるため、良質な古典作品に見向きする人間の数が一気に減少し、そのままブックオフの百円コーナーに流れてくる。それを僕のような吝嗇な読者が待ち構えていて、お目当ての本を百円コーナーで見つけるや否やレジに百円玉を叩きつけ、かっさらって行く。王様のブランチまじでシェイシェイ、とほくそ笑みながら。

 

というような日々から今では解放され、王様のブランチを意識することなく、ブックオフを毎度のごとくチェックすることなく新品の本をさらっと買えるようになったので嬉しい。

 

P.S.

もうTシャツの季節ですね。

黄金週間も最終日、明日から

f:id:makiri1002:20190506231241j:plain

今日からミニトマトを育てることにした。


黄金週間も最終日、明日から労働だなー、嫌だなー、と一向にならないので、本日も淡々と過ごすことができたのだけれど、今日は昼前まで惰眠を貪り、コーヒーを飲みながらぼさっとし、ごろごろごろごろし、先月友人の子供が誕生したので、かの赤子にはこの不条理な世の中に唾を吐きかけるがごとく糞尿をまき散らし、すくすく育ってもらいたいぽよ、という願いを込めてパンパースを大量に送りつけることにした。

 

「子供」という字面だけを見ると、僕の脳髄は「来たるべき未来、それも今よりもさらに不公平感が増しているであろう息苦しい未来の老人たちの下僕として仕える長時間労働特化型納税奴隷アンドロイド候補」と解釈してしまうのだけれど、実際に子供を目の前にするとやっぱり可愛くて、一緒に遊ぶのはまじで楽しい、という話はどうでもいいとして、とにかくめでたい。

 

パンパースは楽天で注文し、友人宅に送付することにしたのだけれど、僕は一人暮らしを始めて徐々に楽天経済圏なるものに移行し始めている。

 

黄金週間に入る前に楽天銀行にて口座を開設したので、これから幾ばくかのお金を入金し、日々の支払いはなるべく楽天銀行デビットカードで行い(おいどんは、借金はしてはあかへんど、という祖母の助言に則り、クレジットカードは嫌なんや)、ポイントをけち臭く掻き集め、その雀の涙ほどのポイントを書籍代に充て、がらんどうの脳髄を少しでも良いもの、つまり世間教や労働教のドグマに容易にソウルファックされないものにしていきたいでやんすなー。

 

 

んじゃあ、どういう本を読んでいけばいいのかしらん、と考えてみるに、まぁ、間違いないのは岩波文庫とか講談社学術文庫みたいな感じのニュアンス的なシリーズに収められている文学や哲学の古典作品で、だいたい文学や哲学をする人間というのは社会不適合者で、それも異次元の社会不適合者で、そういう人間が作り上げている作品に一程度触れていると、読んでいる本人の中にも社会不適合性が醸成されてきて(いい意味で)、カルト教団世間教や労働教のペラペラなお題目はアウト・オブ・眼中になると思う。

 

あとはお金関係の本ね。

ここでいうお金関係の本というのは『爆速で10億円』みたいな感じのニュアンス的な金儲けのハウツー本ではなくて、「お金の仕組み」についての本のことで、これは我々凡夫の無知に付け込み金融資産を合法的に分捕ろうとしてくる銀行や保険会社や不動産や証券会社の連中から我が身、ないしは家族を守るために必要な知識や、ありとあらゆるプロパガンダを駆使してゴミのような商品やサービスを押し付けてくる企業から己の時間や金銭を詐取されないようにするための護身術を授けてくれるもので、拝金主義の蔓延る現代に生きるおいどんたちは因果なことに死ぬまで金とは付き合っていかなければならないのだから、お金関係の本は読んでいて損はないと思うぜよ。

 

あとはどういう本がいいかしらん。

 

まぁ、己の好奇心に任せて好きな本を読めばいいと思う。

 

 

P.S.

最近暑いですね。